miaou de chat

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年の大河は高視聴率

<<   作成日時 : 2008/10/24 22:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

大河ドラマ「篤姫」が人気みたいだ幕末ものは当たらないというジンクスを打ち破り、ヤフーの視聴率でも高視聴率を取っている。かくいう私の家でも第1回から欠かさず観ていて、家人にはすこぶる評判がいい

で、私はというと、

どうかなあ。

いやいいんだけど。

男性史観に圧倒的に偏りがちな歴史ものを
女性の主人公の立場から描く。
しかも倒された幕府側から、つまり「勝てば官軍負ければ賊軍」の
賊軍の内側から描く。

素晴らしいんだけど。
なんかホームドラマっぽくて。

大河ドラマなんだから、
史実じゃなくてフィクション満載でも別にいいんだけど。
原作に忠実じゃなくて全然いいんだけど。

でも往年の(?)大河ファンとしては
骨太のをついつい期待してしまって、
これは男性史観に毒されている証拠か?

ところで
大河を見ていて年齢詐称?が横行していて
とても面白い。
まあ一人の役者さんでその登場人物の
若い時から年取った時までやるのだからしかたないし、
なによりドラマなんだから。

まず篤姫役を宮崎あおいが演じるようになったのはだいたい11歳から。
11歳?
同じく小松帯刀役を瑛太が演じるようになるのもだいたい11歳。
篤姫と帯刀は同い年だからね。
11歳って。。。ちょおおっと(ていうかだいぶ)無理ではないかい?
子役でもよかったのでは。。。ひょっとして帯刀の子役を節約するため
無理を承知で11歳から演じさせたのか???

で、14代将軍家茂は松田翔太が演じているんだけど
将軍になったのは13歳。
13歳?
13歳でも大人びた子がいるのは確かだけど、
やっぱちょおおっと無理だろう?
しかもよく考えれば家茂は篤姫が大奥に入る以前から話題にのぼって画面に出ていたから、
13歳よりずっと子どもの時から松田翔太。
これも子役の節約?????

ここまでは子役より大人が演じた方が演技も深まるし
どうせすぐ役どころが年をとるし、ってな理由かなあとか、
でもやあっぱ絶対子役の節約だよなあ、
経費削減に大変なんだなあとか勝手に想像して楽しめる。

では、役柄と役者の相対的年齢がなのはどうなんでしょ?

例えば女性陣。
演じている女優さんの若い順に

筆頭御年寄 滝山:稲森いずみ
島津斉興の側室、島津久光の生母 お由羅:涼風真世
13代将軍家定の生母 本寿院:高畑淳子
篤姫付御年寄 幾島:松坂慶子

Wikiによると、若い順は
幾島 1808年生
本寿院 1807年生
滝山 1805年生
お由羅 1795年生

なんかドラマと実際のイメージが逆転してるう。
あの若くて颯爽としている滝山が
幾島より本寿院より実は年上なんて。
お由羅にいたってはそれより10歳も上なんて。
だいたいお由羅役の涼風真世は実の息子久光役の山口祐一郎より年下だし。

どうしてこういう配役になったのだろう?
実年齢より印象第一なのだろうか?
滝山とかお由羅って年とってもピチピチ若く見えたのだろうか?
スタッフに滝山やお由羅の熱烈なファンがいて
「よしここは外見より彼女たちの内面(精神?)年齢で行こう!」
とかになったのだろうか?
若い時から登場していて若い役者さんがその老け役までこなして、
その結果他の登場人物の役者さんと年齢が逆転してるなら分かるけど。

いろいろ謎だ。
大河はだから面白いのかもしれない。。。が、
私としては去年の「風林火山」の方が好きだった。
特に上杉謙信役のGackt萌え〜であった
Gacktさえ出ていればストーリーは二の次だった。
(て、往年の大河ファンで骨太のストーリーが好きだったんじゃないんかい)
平安時代の服装に長い髪を垂らし、ビジュアル的にああなんて素晴らしい
ファンタジーの登場人物みたいだ。とても実写とは思えない。美しすぎる。
(今年の「篤姫」とやかく言う資格あるんかい)
ああまたGackt主演しないかしら。
(主人公は山本勘助だって)


Gackt 龍の化身
日本放送出版協会
2007-11-28
撮影 野村誠一

ユーザレビュー:
悪くはないけど・・・ ...
極上の美しさ先日レビ ...
心身ともに美しいひと ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



天翔る 龍の如く~謙信、そしてGacktへ~
NIPPON CROWN CO,.LTD.(CR)(D)
2008-05-21

ユーザレビュー:
Gacktさんの信念 ...
謙信=Gacktこの ...
男が惚れる男彼の大河 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



来年の大河は「天地人 」
なんとまた「風林火山」と近い時代である。
主役は妻夫木聡 。
おお大好きな役者さんである。
超楽しみ
で、上杉謙信は、、、阿部寛?
いや別に阿部寛好きだし若いころはモデルやっててカッコいいし
大河「義経」の時は悲劇のヒーロー平知盛役だったし
適役かもしれない。
。。。
ドラマ「TRICK」の上田次郎が強烈でねえ。
あまりに上田次郎大好きだったので
阿部寛=上田次郎になってしまって、
阿部寛がまじめな役をやっていてもついつい笑ってしまって。
「義経」でも平知盛が出てきたら
悲劇よりもいつ「どんとこい!」て言うんだろうとか思ってしまって。。。

いかんなあ。
同じ理由で仲間由紀恵も「TRICK」の山田奈緒子が強烈で
仲間由紀恵が出るとやはり笑ってしまって
大河「功名が辻」でもいつ「すべてお見通しだ!」て言うんだろうとか思ってしまって。。。

来年は上杉謙信が出てきても笑わないように頑張ろう。
妻夫木聡は映画「ウォーターボーイズ」とかドラマ「池袋ウエストゲートパーク」とか
大好きなのはいっぱいあるけど、
印象深かったのは
ドラマ「世にも奇妙な物語 '05春の特別編「美女缶」」。
これにはやられた。
もう泣きそうになった、、、というか泣いた。
妻夫木聡最高だ。

さ来年は「龍馬伝」
また今年と同じ幕末。
この坂本竜馬を妻夫木聡がやったらどんな感じだったんだろう。
妻夫木聡の龍馬もいつか見てみたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年の大河は高視聴率 miaou de chat/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる