miaou de chat

アクセスカウンタ

zoom RSS 楽器を弾かせて Part1

<<   作成日時 : 2011/12/10 23:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

楽器屋さんで楽器を試奏するのって勇気がいる。

自分がバリバリ上手だったり知識豊富ならいざ知らず、
へなちょこヘッポコなので恐る恐る。

そんな時、こんなページを教えてもらった!

この店で一番高いギターを弾かせてくれ
http://sasugajapan.jp/takai-guitar/

面白い!

このヴィン★セントさんは、なんと
テレビ東京「ヘビメタさん」「ROCK FUJIYAMA」に関係されていた人。

ヴィンセントの web版 ヘビメタさん
http://www.square-enix.co.jp/hmt/web/

ヘビメタさん
http://www.tv-tokyo.co.jp/heavy-metal/

ヘビメタさん メガデスマーティ
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=132507

ROCK FUJIYAMA
http://www.tv-tokyo.co.jp/fujiyama/

勇気をもらってお目当てのギターがある初めてのお店へ。
お店の人はとっても親切でいろいろ詳しく説明してもらった。

試奏させてもらったのは
ルシアーものJames Goodall の MSC cutaway。
フローレンタインカッタウェイでドレッドノートでメイプル。
ああ身に余る光栄。
見た目が大きいのに実際に抱えてみるとすんなりと身体になじむ。
ネックも手のひらにぴったりでめちゃ弾きやすい。
見た目もきれいで音もきらきら鳴って気持ちいい。
イチコロ寸前。危ない。

Larrivee C-10 (90年代)。
こちらもネックが手のひらに吸いついて弾きやすい。
サイドバックがローズウッドで音の幅も広くてふくよか。
フローレンタインカッタウェイがめちゃくちゃかっこいい。
危ない。

そして音の比較対象としてMartinも試奏させてもらった。
さすがMartin。王道。
ずらり並ぶMartinをなにげに見ていたら、
D-28がたくさん。しかも、ビックリするくらい高価!
やっぱMartinはすごい。

今回お目当てはLarriveeだったのに、
James Goodall にはやられてしまった。

おまけ

Marty Friedman with Aki Yashiro




いちばん高いギターを弾かせろ (エイ文庫 179)
エイ出版社
ヴィン★セント秋山

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いちばん高いギターを弾かせろ (エイ文庫 179) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ヘビメタさん
アスペクト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヘビメタさん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



MARTY FRIEDMAN produce「ROCK FUJIYAMA」
エイベックス・トラックス
2007-01-24
R.F.B.

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by MARTY FRIEDMAN produce「ROCK FUJIYAMA」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
楽器を弾かせて Part1 miaou de chat/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる