miaou de chat

アクセスカウンタ

zoom RSS 会田誠展:天才でごめんなさい 行ってきた

<<   作成日時 : 2013/03/03 20:01   >>

トラックバック 2 / コメント 0

六本木ヒルズ森美術館で開催中の会田誠展「天才でごめんなさい」に行ってきた。

コンテンポラリーアートの1人会田誠
今回の展覧会では入場の際に刺激の強い作品が含まれていると注意が喚起され、
18禁の特定ギャラリーがゾーニングされ、
とたいへん物々しい。

会田誠本人のインタビューも面白いし、
「会田誠展」無料音声ガイドは本人の解説だし、
物議を醸す作品に対して本人がツイッターで発言していたり、
けっこう真面目な人なのではないかと感じてしまった。

実は数年前、森美術館の売店で
彼の“DOG” series (雪月花のうち“花”)が雑誌の表紙になっているのを見て、
それが頭からずっと離れずにいた。
今回その絵の作者が会田誠と知って、それで展覧会に出かけた。

彼の作品はどれも強烈で、
こんなの描いちゃっていいの?こんなの作っちゃって大丈夫?の連続。
常識や枠を軽くぶち壊してくれる。
私はエログロよりもむしろ社会のタブーに平気で抵触していく作品に驚異を感じた。
動画はかなりヤバいんじゃないと思ってしまった。
作品を描きたいという原初的な情熱の塊り。
すぐに描きなぐりたいから画材やテクニックにこだわらない。
整合性もなく矛盾だらけでそのまま表現。
製作途中の未完成品も展示。
アートってこんななりふり構わず行動することなんだと衝撃を受けた。

パネルの作品解説を読んで
動画作品を最後まで観て
漫画作品を読んで
気になった作品をポケェ〜ッと見入ってたりしていたら、
気がつけばとても長い時間鑑賞していた。
こんなに気になるのはきっと好きだからなんだろうけれど、
それは作品が気に入ったんだろうか、
作家の創作活動の情熱に打たれたんだろうか。

帰りに
森美術館MAMプロジェクト018を観る。
3面ハイビジョン・ビデオ・インスタレーション。

コンテンポラリーアートって、
観たり聴いたりよりも空間を体感することなんだなと感じる。

六本木ヒルズから見る
スカイツリーと東京タワーと月。

画像


画像


画像


この日はあとちょっとで満月。
そういえば、小谷元彦展「幽体の知覚」を観にいったのも
満月に近い日だったなあ。


会田誠作品集 天才でごめんなさい
青幻舎
会田誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 会田誠作品集  天才でごめんなさい の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
LOVE展 こんなところで予想外な作品と出逢う
六本木ヒルズ森美術館で開催中の「LOVE展:アートにみる愛のかたち―シャガールから草間彌生、初音ミクまで」に行ってきた。 ...続きを見る
miaou de chat
2013/07/07 01:47
草間彌生わが永遠の魂 & 今まさに!な現代アート
国立新美術館で前衛芸術家草間彌生の展覧会「草間彌生 わが永遠の魂」が開催された。 初期から現在に至る創作活動の全貌を総合的に紹介する国内で過去最大級の個展で、 2009年から意欲的に取り組んでいる大型の絵画シリーズ「わが永遠の魂」から厳選した約130点を一挙日本初公開。 ...続きを見る
miaou de chat
2017/07/06 00:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
会田誠展:天才でごめんなさい 行ってきた miaou de chat/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる