miaou de chat

アクセスカウンタ

zoom RSS 11月2日はジョージ・ブール生誕200周年

<<   作成日時 : 2015/11/02 22:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

11月2日はイギリスの数学者・哲学者で今日のコンピュータを理論的に支える記号論理学ブール代数の提唱者ジョージ・ブールの生誕200周年。
それに伴いGoogleトップもブール代数仕様。

ジョージ・ブール生誕 200 周年
http://www.google.com/doodles/george-booles-200th-birthday



0と1の話 -ブール代数とシャノン理論-
青土社
ポール・J・ナーイン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 0と1の話 -ブール代数とシャノン理論- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


今の世界はコンピュータなしでは考えにくい。
そのコンピュータを支えている理論の提唱者なのに、
あまりよく知らない(いかんいかん)。
世界は数学で成立している。
好きなテレビ朝日刑事ドラマ『相棒season12』に「殺人の定理」という話がある。
数学者が「リーマン予想」を、「素数の謎」を解いてしまった事実を隠すため犯罪を犯す。
「素数の謎」が解けてしまったら、現在コンピュータで使用されている暗号システムが崩壊して
個人や企業の情報どころか国家の機密情報もダダ漏れになってしまって文字通り世界が崩壊してしまうから、
それを阻止するために証明を秘匿しようとする。
物語では逮捕されて終了だけれど、
その後、もし裁判になっても「素数の謎」を数学者が解いたことを証明できなければ事件は解決しない、
それ以前に、「素数の謎」の解を独占するために国や機関が数学者を拘置所から行方不明にしてしまって裁判そのものが成立しないだろうなあ。
ひょっとしたら、もう「素数の謎」は解けてしまっていて、世界がもしくは説いた数学者が必死に秘密にしているのかも。
映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」で
第2次大戦中ドイツの暗号が解けていたのにイギリスが解けていないふりをしていたように。なんちゃって。

画像


代数に惹かれた数学者たち
日経BP社
ジョン・ダービーシャー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 代数に惹かれた数学者たち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



素数に憑かれた人たち ~リーマン予想への挑戦~
日経BP社
John Derbyshire

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 素数に憑かれた人たち ~リーマン予想への挑戦~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
11月2日はジョージ・ブール生誕200周年 miaou de chat/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる