miaou de chat

アクセスカウンタ

zoom RSS ボサノヴァに津軽三味線にブラジルの森の鳥

<<   作成日時 : 2016/07/11 00:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

テレビ朝日「題名のない音楽会」7/3『ボサノヴァを愛する音楽家たち』
ゲストは日本ボサノヴァ界の第一人者小野リサ&津軽三味線奏者上妻宏光

小野リサ、『題名のない音楽会』でヴァイオリン・三味線とのセッション披露:BARKS
https://www.barks.jp/news/?id=1000128425



イパネマの娘 小野リサ 1‐5 UPC‐0036



ささやくような和やかな可憐な歌声。
彼女が歌った途端世界が小野リサワールドに染め上げられる。
もうとっても素敵。


倍音の魔力、カポエイラで最も神聖な楽器 ビリンバウ:NAVERまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2139420962772049101


ブラジルの民族楽器ビリンバウ、姿は原始的で素朴なのに演奏が複雑で音色が独特で不思議。
番組ではパーカッショニスト渡辺亮が紹介して、とっても魅力的。
このビリンバウのうねりが日本の楽器津軽三味線に似ていて神秘的。


ビリンバウ / 上妻宏光 featuring 小野リサ



バーデン・パウエル作曲「ビリンバウ」
ブラジルの音楽と日本の楽器のコラボレーション。
不思議で素敵。


番組最後は「ハンキー・パンキー」を
ヴォーカル:小野リサ、津軽三味線:上妻宏光、ヴァイオリン:五嶋龍 で共演。
なんてワールドワイド。
優しい気持ちいい世界に包まれる。


「イパネマの娘」の作曲者アントニオ・カルロス・ジョビンの言葉
「私はブラジルの森の鳥たちから歌を学んだ」
音楽を育む森。

ロマン派の暗い森;隠響堂日記
http://yoshim.cocolog-nifty.com/tapio/2016/06/post-5947.html


ドイツの森。フィンランドの森。日本の森。
最近ちょっといろいろな森に遭遇し迷い込んでいる。
ピアノ調律師を描いた小説「羊と鋼の森」は美しい音を見つけるために深い森の中を歩み続け、
ピアニストを描いたマンガ「ピアノの森」は森からあふれ出る音に夢見ていた&夢にも思わなかったステージに導かれる。
それぞれの森のそれぞれの音色、響き。
音楽の森ははてしない。


The music of Antonio Carlos Jobim "IPANEMA"
エイベックスイオ
2007-11-21
小野リサ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by The music of Antonio Carlos Jobim



Brasil
ドリーミュージック
2014-05-21
小野リサ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Brasil の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



GEN-源-
日本コロムビア
2014-01-01
上妻宏光

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GEN-源- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



羊と鋼の森
文藝春秋
宮下 奈都

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 羊と鋼の森 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ピアノの森(26)<完> (モーニング KC)
講談社
2015-12-22
一色 まこと

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピアノの森(26)<完> (モーニング KC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボサノヴァに津軽三味線にブラジルの森の鳥 miaou de chat/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる