miaou de chat

アクセスカウンタ

zoom RSS 「時間」も「空間」も脳の中

<<   作成日時 : 2017/02/25 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ナショナルジオグラフィックのWebナショジオのシリーズ
研究室に行ってみた。東京大学 認知神経科学・実験心理学 四本裕子
四本准教授は「幼稚園だか小学校の低学年ぐらいのときに、私が見ている赤い色が、他の人が見ている赤い色じゃなかったとしても、それはどうやったら証明できるんだろう」とちょくちょく考えていて、それが現在の研究につながっている。
すごい。

Webナショジオシリーズは好きで(前記事:「色」も「感動」も脳の中
視覚や錯視関連が好きで、
この記事も導入は錯視なので、
おお、最近の錯視は動画がメイン、などと感動していたら、
錯視に似ているけれど単純に錯「視」というわけでもない、時間知覚における錯覚、に迷い込む。

第3回 ヒトの脳はどのように時間を知覚しているのか
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/17/020800002/021300003/


時間知覚における錯覚をおこすには周波数を使うのだけれど、
同じ周波数を使っても、視覚刺激だったら長く見えて、聴覚刺激だったら短く聞こえるという、
視覚と聴覚で逆転するというのにはビックリ。
空間的な情報は視覚のほうを、時間的な情報は聴覚のほうを信じる傾向があるらしかったり、
ミリ秒単位のごく短い時間帯では小脳や運動野がはたらき、1秒を超えると視覚野や聴覚野がそれぞれ関与し、ずっと長くなって何日、何年というふうになると記憶がかかわってきたり、
脳に時間皮質があるわけではなく、脳全体のネットワークの中で時間は知覚されるらしい。
特に、視覚と聴覚がせめぎ合う、という表現は面白い。

研究は時間の情報処理をめぐる生命進化の歴史にまで視野が広がっていって、果てしない。


APA心理学大辞典
培風館

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by APA心理学大辞典 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



先端科学の現場で見る 人体の神秘 (ナショナル ジオグラフィック 別冊)
日経ナショナルジオグラフィック社
2017-02-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 先端科学の現場で見る 人体の神秘 (ナショナル ジオグラフィック 別冊) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 構図の法則
日経ナショナルジオグラフィック社
リチャード・ガーベイ=ウィリアムズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 構図の法則 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「時間」も「空間」も脳の中 miaou de chat/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる