miaou de chat

アクセスカウンタ

zoom RSS アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 アラン・リックマンの遺作

<<   作成日時 : 2017/02/26 00:59   >>

トラックバック 2 / コメント 0

ヘレン・ミレン主演イギリス映画「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」
現代の戦争を描いた軍事サスペンス映画。
この作品と「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」がアラン・リックマンの遺作となった。

アラン・リックマン好きなので(前記事:王侯貴族からエイリアンまで
観にいって、
あまりの重たさに、今年はまだ前半だけれど私にとってひょっとして今年最高に衝撃的な映画かもしれないと思ってしまった。

この後「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」のネタばれを含むので注意してください。


アラン・リックマンさん遺作の軍事サスペンス「アイ・イン・ザ・スカイ」、今冬から公開:映画.com
http://eiga.com/news/20160819/4/


町山智浩 映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』を語る:miyearnZZ labo
http://miyearnzzlabo.com/archives/38559



この映画で展開されるドローンでの遠隔攻撃は今まさに行われている戦争。
ヘレン・ミレン演じるイギリス軍諜報機関所属キャサリン・パウエル大佐が英米・ケニアの合同テロリスト捕獲作戦を指揮するのはロンドン。
ドローンによりテロリストが確認されるのはナイロビ。
さらに工作員が詳細に偵察するのはナイロビ。
ドローンの映像を解析するアメリカ軍映像解析センターはハワイ。
アラン・リックマン演じるイギリス国防相フランク・ベンソン中将など大臣たちが攻撃するかどうか最終決定を下す首相内閣司令室はロンドン。
ドローンのオペレーターがいるアメリカ軍空軍基地はラスベガス近郊。
と世界規模。
使用されるドローンも上空2万2千フィートを飛んでいるリーパー型ドローン、現地偵察用「鳥型」「昆虫型」小型ドローンなど、
もうこれはSFの話ではなく現代の戦争なんだとものすごく衝撃。

標的のテロリストのすぐそばに民間人の少女がいて、
ミサイル攻撃をすれば自爆テロを防げて大勢の命が助かるけれど
そのかわり少女が巻き添えになってしまう、という状況での決断を迫られる。
哲学者フィリッパ・フットが考案した思考実験トロッコ問題をじっくりがっしり味合わされてしまう。
指令室や基地に一緒にいるみたいで臨場感と緊迫感に手に汗握って
この映画の間中ずっと気が休まる時がない。
ミサイル攻撃により自爆テロが防げることよりも少女が助かるかどうかハラハラドキドキで重苦しくてしかたがない。
単純に正義や善を振りかざして糾弾することは誰にもできない。
それぞれの立場すべてがつらいだろうけど、
実際にミサイル発射をするドローンのオペレーターが一番つらく感じる。

将来的にこういった判断をAI(人工知能)がするようになったら、
躊躇なく功利主義的に命令を下すのだろうか。
ますます気が重い。





無人暗殺機 ドローンの誕生
文藝春秋
リチャード ウィッテル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 無人暗殺機 ドローンの誕生 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ハンター・キラー アメリカ空軍・遠隔操縦航空機パイロットの証言
KADOKAWA/角川書店
2015-12-25
T・マーク・マッカーリー中佐

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハンター・キラー アメリカ空軍・遠隔操縦航空機パイロットの証言 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



人間にとって善とは何か: 徳倫理学入門 (単行本)
筑摩書房
フィリッパ フット

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 人間にとって善とは何か: 徳倫理学入門 (単行本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



NHK DVD ハーバード白熱教室 DVD BOX [DVD]
POLYDOR(P)(D)
2010-12-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK DVD ハーバード白熱教室 DVD BOX [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スノーデン ジョゼフ・ゴードン=レヴィットが本人そっくり
オリヴァー・ストーン監督・脚本 ジョゼフ・ゴードン=レヴィット主演映画「スノーデン」 アメリカ国家安全保障局 (NSA) および中央情報局 (CIA) の元局員エドワード・スノーデンが機密情報を『ガーディアン』誌に暴露した事件を描いたポリティカル・サスペンス映画。 ...続きを見る
miaou de chat
2017/02/27 00:10
「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」
安全な場所でする戦争。今や世界的にドローンを利用した攻撃が「戦争」に欠かせないらしい。イーサン・ホーク主演の「ドローン・オブ・ウォー」を観た時にもこの「安全な場所でする戦争」がテーマであることを感じた。だが、「ドローン・オブ・ウォー」では、ドローンの操縦士の一兵卒が、上からの無体な命令に苦悩する話であったが、この「アイ・イン・ザ・スカイ」では、その命令を下す上部組織の逡巡をも描いたものである。上部組織の逡巡と言っても…。サラリーマン=一兵卒となぞらえてみると、こんな風に上部組織で事が(ぐだぐだに... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/03/10 16:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 アラン・リックマンの遺作 miaou de chat/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる