miaou de chat

アクセスカウンタ

zoom RSS 正解するカド 題名が目を惹いてCGも鮮やか

<<   作成日時 : 2017/07/07 01:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

東映アニメーション制作オリジナルCGアニメーション「正解するカド」
東映アニメーションとしては初めてTVシリーズでセル調のフルCGキャラクター表現に挑む作品。
前日譚の第0話がAmazonプライム・ビデオで独占配信。


アニメ業界の問題をCGアニメは解決する…「正解するカド」プロデューサーが語る未来:BuzzFeed
https://www.buzzfeed.com/jp/tatsunoritokushige/seikaisurukado?utm_term=.gaBqmwyzj#.rvBzEOm96



前日譚の第0話からガチで硬派な物語で、
地球外知的生命体ではなくて「異方存在」というのも凝っていて、
よく練られたファーストコンタクトもののハードSF。政治交渉劇。
映画「メッセージ」をちょっと連想して期待は膨らむ。
そして
後半まさかの急展開。
どうしてこうなったんだろう
異方からの贈り物で世界は意識変容を迫られてガチでハードなSFにいくらでもなれそうだったのに、
そもそも政治交渉劇はいったいどこへ、
それはスピンオフで展開するつもりなのかなあ。
アーサー・C・クラーク「幼年期の終り」のラストを回避するひとつの解がこの路線なのかなあ。
ヤハクィザシュニナかわいそうすぎる、
てかすっかり人間になってしまって
(あんな表情させるなんてスタッフにちょっと悪意を感じる)。
結局最後の交渉はWin-Winではなくて
徭 沙羅花が一人勝ちだった
(徭 沙羅花はヤハクィザシュニナだけでなく夏目 律にも勝利している)。
そういう意味では確かに交渉劇。
ヤハクィザシュニナも徭 沙羅花も「異方存在」だから、
地球(宇宙)を舞台に異方存在同士が交渉して、それを地球人にも分かりやすいよう寓話にしたらああなった、ということなのか。
いろんな意味ですごかったなあ。
シリアスとコメディは紙一重。

カドの映像が美しい。
中南米の遺跡みたい。
チベットの曼荼羅みたい。
あれが四角錐だったらピラミッドで古代文明。

関連本がたくさん出ている。
ファーストコンタクトSFアンソロジー「誤解するカド」には
「BLAME!」のアンソロジー小説と同様飛浩隆がいる。さらに円城塔まで。
彼らの作品は同じ地球人でもコンタクトが難しいのに
(前記事:廃園の天使 続きはいつ出るのでせう?
(前記事:円城塔「これはペンです」 文字通り
地球外知的生命体とのコンタクトは……正解かも。
スピンアウトノベライズ「正解するマド」メタ小説になっていてこれもひとつの正解。


正解するカド Blu-ray Disc BOX 1(完全生産限定版)
アニプレックス
2017-07-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 正解するカド Blu-ray Disc BOX 1(完全生産限定版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






正解するマド (ハヤカワ文庫JA)
早川書房
乙野四方字

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 正解するマド (ハヤカワ文庫JA) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
正解するカド 題名が目を惹いてCGも鮮やか miaou de chat/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる