miaou de chat

アクセスカウンタ

zoom RSS シャガール 三次元の世界 平面から立体に立ち上がる異空間

<<   作成日時 : 2017/12/11 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

東京ステーションギャラリーで開催された「シャガール 三次元の世界」
ロシア出身ユダヤ系のフランスの画家マルク・シャガールの彫刻作品を日本で初めて本格的に紹介する展覧会。

シャガールは画家としてあまりに有名だけれど、彫刻作品もあるなんて知らなかった。
シャガールが立体作品を制作し始めたのは60歳代になってから。
展覧会で目を惹いたのは陶芸作品。
彼の絵画をそのまま陶器に投影して自由奔放に組み上げたような、
まるでクラインの壺トーラスで、
夢見るような子どもが作ったような異次元の異空間の不思議な素敵な陶器。
彫刻作品も奇抜だし和紙に墨で描いた絵画(画家と雄鶏)などもあって驚きの連続。
ああ、でもやっぱり陶器一番好きだなあ。南フランスの明るい太陽の光をいっぱい浴びた素朴で奇想で暖かい作品群。
シャガールのあふれるエネルギーを感じる違う一面を発見できるとても素敵な展覧会。


シャガールの絵本―空にふわり (小学館あーとぶっく)
小学館
結城 昌子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シャガールの絵本―空にふわり (小学館あーとぶっく) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シャガール 三次元の世界 平面から立体に立ち上がる異空間 miaou de chat/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる