miaou de chat

アクセスカウンタ

zoom RSS オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代

<<   作成日時 : 2017/12/12 00:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中の「オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代」
ドイツの画家、俳優オットー・ネーベルの日本初の回顧展。
同時代の画家シャガールカンディンスキークレーの作品も併せて紹介され、ネーベルが様々な画風を実験的に取り入れながら独自の様式を確立していく過程に迫る。

オットー・ネーベルを今回初めて知って、
緻密で繊細で実験的で圧倒的。
イタリア旅行の際にその景観を自身の視覚感覚によって色や形で表現した色彩の実験帳がもうすごい。
シャガール、カンディンスキー、クレーの影響を受けながら独自の画風に発展していく様子がまさに実験みたい。
シャガール、カンディンスキー、クレーの作品も一緒に楽しめるのがとても嬉しい。
ネーベルが係わるドイツのバウハウスは美術と建築に関する総合的な教育を行った学校。建築も学んでいて都市の建築シリーズも描いていて、建築ってますます工学だけど芸術なのだなあ。


バウハウス (コンパクトミディ・シリーズ)
タッシェン
マグダレーナ・ドロステ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バウハウス (コンパクトミディ・シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



美の構成学―バウハウスからフラクタルまで (中公新書)
中央公論社
三井 秀樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 美の構成学―バウハウスからフラクタルまで (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代 miaou de chat/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる