miaou de chat

アクセスカウンタ

zoom RSS 関ヶ原 情報戦が熾烈

<<   作成日時 : 2018/01/08 00:01   >>

トラックバック 1 / コメント 0

岡田准一主演2017年制作映画「関ケ原」
原作は司馬遼太郎の歴史小説「関ケ原」
石田三成が岡田准一、徳川家康が役所広司、島左近が平岳大、小早川秀秋が東出昌大と超豪華。
ヒロイン初芽は有村架純でとっても可憐。

映画の導入が司馬遼太郎の子どもの頃で、ちょっとメタフィクションぽく始まるのいい感じ。

東西合わせて20万近い兵力の戦国最大の戦だったのに半日ほどで決着するというとても不思議な関ヶ原の戦いを丁寧に描くのだけれど、
上映時間149分があっという間というか短すぎる。
これ大河ドラマで1年かけてじっくりやってほしいなあ。
その時の主人公は島左近だと面白いなあ。

石田三成は歴史ドラマではだいたい悪役っぽいのが多いけど
この映画「関ケ原」や大河ドラマ「天地人」で名誉挽回した感じがしてちょっと嬉しい。
あと歴史上悪役なのは淀殿吉良上野介。この二人の名誉挽回な歴史ドラマ(特に大河ドラマで)やらないかなあ。

ところでこの映画「関ケ原」では忍者の役割がめちゃ大きい。
情報収集情報掌握情報操作が戦略的に大きいのだとひしひし。
『忍び市』という忍者のギルドの会合みたいなのもあって面白い。


関ヶ原 Blu-ray 豪華版(特典DVD付2枚組)
東宝
2018-02-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 関ヶ原 Blu-ray 豪華版(特典DVD付2枚組) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
新潮社
司馬 遼太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
古今東西フェイクヒストリー
NHK Eテレ「先人たちの底力 知恵泉」 1/16 『歴史は勝者によってつくられる 正史の“裏”を読む』 「歴史書」の多くは勝者の側に都合よく書かれたもの(いわゆる勝てば官軍負ければ賊軍)。 今回は『日本書紀』と『徳川実紀』の裏を読んで、蘇我入鹿と徳川家康を検証する。 ...続きを見る
miaou de chat
2018/01/18 01:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
関ヶ原 情報戦が熾烈 miaou de chat/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる