miaou de chat

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸の女装と男装 いろいろな性を楽しめ!!

<<   作成日時 : 2018/03/18 00:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

太田記念美術館で開催中の「江戸の女装と男装」
浮世絵を通して男女の境界を自由に行き来する江戸時代の風俗や文化の諸相に迫る展覧会。

浮世絵は歌舞伎役者を描いたのが多いからなんとなく女装が多いかなと思っていたら、
男装の浮世絵も多いのでびっくり。
日本の浮世絵では男装の女性も女装の男性も凛として粋な感じ。
浮世絵の男性はマッチョではないので女装でも違和感がない。

お祭りで異性装をしたりいろんなものに仮装したりする絵は、
現代のハロウィンでのコスプレを連想して、日本人って昔からこんなの好きなんだなと思う。
歴史や物語の登場人物を男女を入替えて当世風の人物に置き換える「やつし絵」や「見立絵」は、これはアニメでもよくやっている手法で、これも日本の伝統芸能(?)なんじゃないかと思う。
学芸員さんの解説も聴けて、とても充実。
昔の浮世絵が色鮮やかできれいでそれも驚き。

展覧会の図録の「江戸の女装と男装」の帯は『いろいろな性を楽しめ!!』で
なんてアグレッシブ。


江戸の女装と男装
青幻舎
渡邉 晃

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 江戸の女装と男装 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸の女装と男装 いろいろな性を楽しめ!! miaou de chat/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる