miaou de chat

アクセスカウンタ

zoom RSS ネバーランド TVで観賞

<<   作成日時 : 2011/05/20 22:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ジョニー・デップ主演「ネバーランド」がテレビ東京で放送された。前から観たい観たいと思っていた映画で超ラッキー噂に違わず名作だった。

この後「ネバーランド」のネタばれを含むので注意してください。

恥ずかしながらこの映画を観るまで
「ピーター・パン」は小説だと思っていた。
戯曲だったのね。

ジョニー・デップの演技すごい。
いつも思うけどこの人本当にすごい。
子役もすごい。
特にピーター役の子、フレディ・ハイモアすごすぎ。
なんでこんなに上手いんだ。

デップ演じる劇作家ジェームス・バリーやケイト・ウィンスレット演じるシルヴィアの、子ども達への接し方すごい。
子ども達のファンタジーに真剣にのっかって寄り添う。
なんて素敵で思いやりのある大人なんだろう。
いや違うか。
子ども達のファンタジーによって
ジェームス・バリーもシルヴィアも癒され立ち直っていくのだから。
そしてその優しさを際立たせるための悪役、これは世間の噂。
人は本当にゴシップが大好き。
なんだかなあ。
でもそれにめげない、左右されない主人公たちが素敵。
人間の強さって、こんなことを指すんだろうな。

「ピーター・パン」は子どものための作品と思っていたけれど、
違う。
大人のための作品なんだ。
ラスト、病身のシルヴィアのために彼女の自宅の居間で「ピーター・パン」を上演するけれど、
この劇を観て心踊らされているのは
子ども達よりシルヴィアや彼女の母だ。
そして居間の舞台装置はいつの間にか本当のネバーランドに、
そしてそのネバーランドに足取り軽く分け入っていくシルヴィア。

泣かずにはいられない。
これ映画館だったら号泣してただろうな。

映画はやはり映画館で。てことか。

ところでこの作品は劇中劇として戯曲「ピーター・パン」が
文字通り劇場で上演されるシーンがある。
ジェームス・バリーは上演に先立ち
多くの子ども達を招待する。
そして子ども達に観客席のあちこちにバラバラに座ってもらう。
「ピーター・パン」が始まると、
観客の大人達は始めファンタジーについていけないが、
舞台の役者達の呼びかけに応えて子ども達がアクションを起こしたり
笑ったり歓声を上げたりするのにつられて
やがて大人達も一緒になってノリノリになる。
第四の壁を楽勝で破っている。

演劇は観客と共につくる。
いや観客がつくる。

それをまさしく文字通り実践した劇。

演劇は当たり前だけど劇場で。てことか。

ダスティン・ホフマン演じる興行主の言葉「演劇は遊び」
なんだかとっても深い言葉。

ネバーランド [DVD]
ショウゲート
2006-06-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ネバーランド [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



小さな白い鳥
パロル舎
ジェイムズ・M. バリ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小さな白い鳥 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ピーター・パン (新潮文庫)
新潮社
J・M・バリー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピーター・パン (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ピーター・パン (岩波少年文庫)
岩波書店
J.M. バリ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピーター・パン (岩波少年文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネバーランド TVで観賞 miaou de chat/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる