miaou de chat

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤング・フランケンシュタイン DVDで鑑賞

<<   作成日時 : 2012/09/29 01:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「ヤング・フランケンシュタイン」監督・脚本メル・ブルックス、脚本・主演ジーン・ワイルダー。
ユニバーサル映画「フランケンシュタイン」 (1931年)、「フランケンシュタインの花嫁」(1935年)をもとにしたパロディ映画&コメディ映画。
フランケンシュタインものの映画は結構あると思うけど、これほどくだらなくて笑えて幸せになれる映画はそうそうないのでは。

この後「ヤング・フランケンシュタイン」のネタばれを含むので注意してください。

本作は1974年製作。
昔の「フランケンシュタイン」のセットを利用したり
1930年代の雰囲気をだすためモノクロにしたり、
細部にまで凝りまくるその気の遣いようはオタク心をくすぐる。

アメリカンジョークこってりでおバカで下ネタ満載。
力づくのギャグは映像で分かるけれど、
言葉が絡むといまいちピンとこない。そこが英語能力のない身にはつらい。
言葉遊びとかドイツ語訛りの英語とかブルッハー夫人と馬の嘶きの関係とか、
うまい具合に日本語に変換してほしい。
広川太一郎&熊倉一雄の日本語吹替え版、観たいなあ。
すっごいアドリブのきいた抱腹絶倒の超翻訳になっているに違いない。

映画「フランケンシュタイン」の原作は
メアリー・シェリー著「フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス」

フランケンシュタイン。
フランケンシュタインは科学者の名前で、怪物の名前ではない。
この映画で主人公や召使いは自分の名前の発音にすごくこだわる。
名前は人間にとても重要。
その重要な名前を怪物は持っていない。
自分を造った科学者が名づけてくれなかったからだ。
だから怪物は名前を、愛情を求めて彷徨うことになる。

プロメテウス。
ギリシア神話のプロメテウスは人類に火を与えた(一説には人類を造ったのもプロメテウス)。
この映画で怪物は火を怖がってパニックになって暴れる。
それが人間との諍いを招く。
コミュニケーションがとれなくて誤解されて災いが大きくなっていく。

人造人間と人間の間の悲劇は突きつめればおそらく愛情の欠如と誤解。
これは人間と人間の問題でもあるし、
ひょっとしたら人間と神との問題であるかもしれない。

元ネタの「フランケンシュタイン」が悲劇に突っ走っていく中、
この「ヤング・フランケンシュタイン」はおバカと下ネタでハッピーエンドに転がりこむ。
うだうだと悩まず笑いで丸く収めてしまう。
世の中で大切なのは、真実でも正義でもなくて、お笑いなのかも。

召使いアイゴール役のマーティ・フェルドマンがものすごく味がある。
本来はフランケンシュタインと怪物が主役だけれど、
このアイゴールがまさにトリックスターで魅力的。
abnormalをエービー・ノーマルという名前だと思ったとの言い訳は
英語の不得意な私も大笑い。

他にも舞台がトランシルヴァニアの古城とか(それじゃ吸血鬼)、
城に向かう途中狼男(?)が吠えるとか、
世界三大怪物ネタがさりげに揃っておかしい。

役者の方々はみな上手で、よく笑わずに演技できるなあと感心してしまう。
ジーン・ハックマンが出演しているのだけれど、本編観ている最中はちっとも気付かなかった(ビックリ)。

フランケンシュタイン (創元推理文庫 (532‐1))
東京創元社
メアリ・シェリー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フランケンシュタイン (創元推理文庫 (532‐1)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ヤング・フランケンシュタイン(特別編) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2009-01-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヤング・フランケンシュタイン(特別編) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤング・フランケンシュタイン DVDで鑑賞 miaou de chat/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる