miaou de chat

アクセスカウンタ

zoom RSS 華麗なるギャツビー 原作はフィッツジェラルド

<<   作成日時 : 2013/06/21 00:02   >>

トラックバック 3 / コメント 2

レオナルド・ディカプリオ主演映画「華麗なるギャツビー」
原作はF・スコット・フィッツジェラルド「グレート・ギャツビー」

アメリカ文学のみならず世界の近代文学における名作中の名作。
この小説を初めて読んだのは学生のころ。
なんで名作なのかさっぱり理解できなかった。
2006年に村上春樹翻訳版が出たので再び挑戦。
村上春樹が人生で巡り会った最も大切な小説という「グレート・ギャツビー」
村上春樹自身が構想二十年を費やした名訳。
なのに、途中で挫折。
今回、映画化になったので再度挑戦。
主演がディカプリオというのも興味津々。

この後「華麗なるギャツビー」のネタばれを含むので注意してください。

深く静かな衝撃。
こんな話だなんて。
こんな切なく虚しく苦しい物語だなんて。

主人公のジェイ・ギャツビーは胡散臭い野心家という印象があって
それをディカプリオがどう演じるのだろうと思っていたら、
俗にまみれながらピュアで一途でとっても魅力的。
ギャツビーの愛するデイジー・ブキャナンは良くも悪くも深窓の令嬢。
デイジーの夫トム・ブキャナンは傲慢で横暴。
その中でギャツビーのピュアさが痛々しい。

最後、ギャツビーがプールに漂うシーン、絶望的に美しい。
「タイタニック」でディカプリオ演じるジャック・ドーソンがヒロインを助けて
冷たい海にすうっと沈んでいくシーンを連想してしまう。

この映画は文芸作品なのに3D版があり映像は豪華。
たぶん表面上のバブリーな華やかさを表現しているのかも。
パーティのシーンなど私にはやりすぎな感じがしてちょっとつらい。

映画の冒頭や最終場面等では小説の文章が画面にオーバーラップする。
語り手のニック・キャラウェイが、タイプライターで打った「Gatsby」の文字の上に
手書きで「The Great 」と書き添える。
映画の邦題は「華麗なる」だけど、「崇高な」「偉大な」があっているような気がする。

ちゃんと小説を読もう。
今度こそ読み取れるだろうか。


追記:2013.08.30

デイジー役のキャリー・マリガンって「わたしを離さないで」キャシー役の女優さん(◎o◎)
気付かないなんて(T_T)イメージ違ってて女優さんてすごい。
デイジーが嫌な女に見えず可愛く感じてしまうのは彼女が演じているからこそ。
ますます好きになってしまった。

ミュージック・フロム・バズ・ラーマンズ・華麗なるギャツビー
ユニバーサル インターナショナル
2013-06-05
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミュージック・フロム・バズ・ラーマンズ・華麗なるギャツビー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
中央公論新社
スコット フィッツジェラルド

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



キャッチャー・イン・ザ・ライ
白水社
J.D.サリンジャー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キャッチャー・イン・ザ・ライ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



翻訳夜話 (文春新書)
文藝春秋
村上 春樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 翻訳夜話 (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



翻訳夜話2 サリンジャー戦記 (文春新書)
文藝春秋
村上 春樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 翻訳夜話2 サリンジャー戦記 (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「華麗なるギャツビー」ディカプリオって貫禄がつき始めたな
映画「華麗なるギャツビー」★★★☆ レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、 ジョエル・エドガートン、キャリー・マリガン、 アイラ・フィッシャー、ジェイソン・クラーク出演 ...続きを見る
soramove
2013/06/27 06:44
『華麗なるギャツビー』 2013年5月31日 ワーナー試写室
『華麗なるギャツビー』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活(適当なコメントですが、...
2013/06/27 14:04
「華麗なるギャッツビー」
キャリー・マリガンがヤバイ。「17歳の肖像」の頃は、垢抜けない田舎っぽい野暮ったい娘だったのに。 それがこの「華麗なるギャッツビー」では、美し過ぎるデイジー。ホント、人妻であってもギャッツビーが惹かれるのも無理ない美しさ。「ドライヴ」のキャリー・マリガンも良かったけど、美しさという点ではすごい化け方。女って怖いわぁ。 ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2013/08/30 11:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
華麗なるギャツビー は 昔のロバートレッドフォード版のほうが
印象が強すぎて どうしてもディカプリオに 違和感を覚えてしまいます ディカプリオってよりも 周りの役者の格がね・・・どうしてもね・・映像はさすがにキレイでしたが 豪華さはどうだろう・・・
rocket
2013/06/25 04:32
コメントありがとうございます。
ロバート・レッドフォード版まだ観たことがないのです。こちらはコッポラが脚本、すごそうですね。観てみたいと思います。
白亜ジュラ
2013/06/27 01:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
華麗なるギャツビー 原作はフィッツジェラルド miaou de chat/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる