音楽を見よう絵画を弾こう

久しぶりに弦を張り替える。
夏の間にたっぷりと湿気と汗を吸いこんで、
弦がサビサビでいぶし銀を通り越してずっしりと重い。

でも考えてみたらそんなに重くなっているはずがない。
酸化しているにしてもたかが知れているはず。
だいたい汗がしみこむほど練習していない(^^ゞ

これはきっと見た目のせい。
同じ重さのものでも、
色が白だと軽く感じ
色が黒だと重く感じる。

音に重さが引きずられることもある。
キーボードで
ピアノの音だとピアノの鍵盤の重さを感じ、
オルガンの音にすると鍵盤がすごく軽く感じる。

重さの感覚だけでなく味もそう。
視覚と聴覚で味覚が左右される。
(前記事 味覚も視覚&聴覚?)
前記事の色とイラストを見るだけで酸っぱくて唾液が出てきて
私はまるでパブロフの犬。

ヒトは見たいものを見て聞きたいものを聞く、
そしてそれは脳や記憶に左右される。
そんな脳をちょっとでも鍛えようかなと思ったら
やっぱり音楽がよさそう。

脳の言語処理、音楽で改善:ナショナルジオグラフィック ニュース
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100222002

楽器を演奏していると老化が遅くなることが明らかに:Gigazine
http://gigazine.net/news/0110514_musical_instrument_keep_people_young/

聴覚はもちろんのこと視覚にもいいらしい。

音楽はやはり視覚と関わりがある。

【やっぱり】音楽評価、音楽性よりも見た目が影響。英調査で判明:IRORIO
http://irorio.jp/yangping/20130821/73745/

見た目が重要なのは
音に一番シビアそうなクラシックが見た目にこだわるのでも明らか。
(前記事 音楽も空間芸術??クララ・シューマンの呪縛

私は演奏に見惚れるし
採譜も耳コピより目コピだし
レッスンも目の前で弾いて見せてもらってやっと分かるし
音も目に見えるものに変えて教えてもらうし
楽器も一目惚れしたものを選ぶし
我ながらなんて素敵に見た目。

で、自分が演奏する立場の時は、
まず最低限曲は弾けないといけないから
見た目以前の問題。
やっぱ練習か~(T_T)
色彩や風景が浮かぶ演奏ができるようになるのはいつの日か。

練習の時自分の演奏を録音するといいと教えてもらった。
で、勧められたのが
ZOOM ハンディレコーダー H4。
でも今は売ってなくてバージョンアップしたレコーダーが。
ZOOM ハンディレコーダー H4N

アクセサリのウィンドスクリーンが猫のしっぽみたいで可愛い
本体よりむしろこれが欲しい(^^ゞ

ちなみに弦を張り替えたついでに
ブリッジピンを換えたのだが、
新品の弦の音色があまりに美しくてビックリして
ブリッジピンによる音色の違い、はっきりとは分からなかった。
さすが猫に小判馬の耳に念仏




SONY ウインドスクリーン AD-PCM2
ソニー
2009-10-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SONY ウインドスクリーン AD-PCM2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



脳のなかの幽霊、ふたたび (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
V・S・ラマチャンドラン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 脳のなかの幽霊、ふたたび (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



音楽好きな脳―人はなぜ音楽に夢中になるのか
白揚社
ダニエル・J. レヴィティン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 音楽好きな脳―人はなぜ音楽に夢中になるのか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック