象られた力 kaleidscape 宇宙も音楽も万華鏡

飛 浩隆「象られた力 kaleidscape」
SFマガジンに掲載(1985年~1992年)された初期中篇の完全改稿版全4篇「デュオ」「呪界のほとり」「夜と泥の」「象られた力」(第26回日本SF大賞受賞)を収めた傑作集。

「夜と泥の」のセリフ
『人間は五感を通してしか宇宙とかかわっていけない。五感の外にあるものを、人はついに理解することがない。』
これが象徴するように彼の作品は五感を通した主観的な描写、
逆に五感の感覚が非常に鋭く豊かで、特に触覚、味覚、嗅覚の生々しい臨場感がすごい。
そしてその描写によって五感の外にあるものを実体のようにあぶり出す。
「象られた力」では
人の脳や身体の機構によって制約されながらどのように身体を動かすか動かしたいかの感覚の中から
数学的抽象的なものを導き出す。
リットン&ステインズビー協会シリーズ(といっていいのかな?)が織りなす美しい破壊の叙事詩、最後には小説論にまで到達して廃園の天使シリーズみたい。

「呪界のほとり」はスペースオペラでスラップスティックで神林長平「敵は海賊」みたい。シリーズ化していたらどんな展開になっていたんだろう。

「デュオ」はホラーだけど、このうえなく甘美な音楽小説。
『意識=情報』の概念は今作品のように閉じた系だとホラーだけど もし開いた系(例えばネットとか)だとAI にも繋がってめちゃハードSF。
音楽が、音が五感にヒリヒリとこびりついて恐怖と破壊が半端ない。
すごすぎる、美しすぎる。

音楽といえば、作家の米津玄師「lemon」への感想が瑞々しい。



作家ご本人が五感が鋭敏で優れているからこそのツイート。
眩しい。


象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA)
早川書房
飛 浩隆

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ヴォルフ歌曲集
ポリドール
1990-12-10
フィッシャー=ディースカウ(デートリッヒ)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ヴォルフ・マーラー:歌曲集
ポリドール
1994-07-01
オッター(アンネ=ゾフィー・フォン)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト






敵は海賊・短篇版 (ハヤカワ文庫JA)
早川書房
神林 長平

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



Lemon(映像盤 初回限定)(DVD付き)
SMR
2018-03-14
米津玄師

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック