テーマ:アニメ

十二人の死にたい子どもたち 原作は冲方丁初の現代長編ミステリー

杉咲花や橋本環奈など若手俳優たちの豪華共演映画「十二人の死にたい子どもたち」 原作は冲方丁「十二人の死にたい子どもたち」第156回直木賞候補作。 40分の長回しも!『十二人の死にたい子どもたち』撮影の裏側:シネマトゥデイ https://www.cinematoday.jp/news/N0106219 ワンシチュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュガー・ラッシュ:オンライン いろいろな壁を乗り越えて

ディズニーコンピュータアニメーション・エンターテイメント・アドベンチャー映画「シュガー・ラッシュ:オンライン」 2012年公開「シュガー・ラッシュ」の続編。 アーケードゲームのキャラクターがインターネットの世界で繰り広げる冒険と友情の物語。 この後「シュガー・ラッシュ:オンライン」のネタばれを含むので注意してください。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分身ロボットカフェDAWN ver.β OriHimeがとってもキュート

日本財団ビルで ロボットを遠隔操作して接客するカフェ「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が期間限定(2018年11月26日~12月7日)でオープン。 日本財団・ANAホールディングス株式会社・オリィ研究所による障がい者の就労支援の取り組みで、 『研究室ではなく、未来のカフェで。』 『既に完成した完璧な状態ではなく、挑戦し…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデンカムイ 大英博物館Twitterヘッダーにアシ(リ)パさん

野田サトル「ゴールデンカムイ」 明治時代末期の北海道・樺太を舞台にした金塊をめぐるサバイバルバトル漫画、というかサバイバルグルメ漫画。 作品のヒロイン アシ(リ)パさんがイギリスの大英博物館Twitterのヘッダーになっている 大英博物館にて2019年に開催される、漫画をテーマとした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAPANといえば風神雷神だよね

風神雷神の図。超キュート。 成田空港はAKIHABARAになっていてこんなクールジャパンな風神雷神がいたり、 店ごとMANGAになっていたり、最先端。 こんなTシャツは外国のお客さんにはたまらないのだろうなあ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつの間にかエヴァがキティちゃんに駆逐されている

博多駅に「ハローキティ新幹線カフェ」オープン。 ついこの間まで(今年の5月まで)「500 TYPE EVA Cafe」だったけど いつの間にか(今年の6月から)「ハローキティ新幹線カフェ」としてオープン。 ついでに新幹線もハローキティ新幹線としてピンクなリボンにバージョンアップ。 さすがワールドワイドなキティちゃん。おそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱメタル気持ちいい!で、マキシマム ザ ホルモン

ラジオを聴いていたらマキシマム ザ ホルモンのドラム(&ボーカル)の方が喋っていて、マキシマム ザ ホルモンの曲聴くの久しぶり ていうか、マキシマム ザ ホルモンのドラム女性じゃん マキシマム ザ ホルモンに女性がいるなんて知らなかった!なんてこった!不覚! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少女革命ウテナ AfterTheRevolution

さいとうちほによる20年ぶり完全新作「少女革命ウテナ After The Revolution」が出版された。 20年後のお茶会が開催されたみたいでめっちゃ嬉しい。 「少女革命ウテナ」読み切り収めた20年ぶりの新刊発売、幾原邦彦の寄稿も:コミックナタリー https://natalie.mu/comic/news/2816…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノの森 ピアノの演奏にウルウル

一色まこと「ピアノの森」がNHKでアニメ化。 ピアノ演奏時の指の動きがモーションキャプチャでショパンコンクール会場が3DCGでリアルすぎて最近のアニメの技術のすごさに圧倒される。 そしてそれ以上に、登場人物のピアノ演奏担当のピアニストがすごい。 TVアニメ「ピアノの森」ピアニスト紹介VTR もう超豪華。 主…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ペガサスの解は虚栄か? ヒトとAIと人造人間とクローンと

森博嗣Wシリーズ7作目「ペガサスの解は虚栄か?」 今まではAIと人造人間で人間とは何か生きているとは何かをシミュレーションしてきたけれど、 ここではクローンが出てきて、より深い闇へと誘われる。 ヒトは人間として育てられるから人間になるのであって、 ではもし人造人間として育てられたら、 逆に人造人間を人間として育てたら。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヨルムンガンド 陸を食らい尽くし 海を飲み干し 空を

高橋慶太郎のマンガ「ヨルムンガンド」。 武器商人とその私兵部隊の交渉や戦闘を描くガンアクション。 アニメ化されていて原作にとても忠実で面白い。 題名の由来ヨルムンガンドとは北欧神話に登場する毒蛇の怪物、世界蛇。 マンガの扉には、 「五つの陸を食らい尽くし 三つの海を飲み干しても 空だけはどうすることもできない。 翼も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐かしく馴染み深いケルト音楽

テレビ朝日「題名のない音楽会」2017/12/23『ケルト音楽を楽しむ休日』 どこか懐かしい感じがするケルト音楽のブームに迫る。 ケルト音楽を奏でる珍しい楽器も見れてとても楽しい。 ケルト音楽を楽しむ休日:題名のない音楽会 http://www.tv-asahi.co.jp/daimei_2017/contents/Br…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鋼鉄ジーグのイタリア版はとても哀しい

テレビ朝日「題名のない音楽会」2017/12/16『アニメ特撮音楽の巨匠・渡辺宙明&俊幸の音楽会』 作曲家渡辺宙明・渡辺俊幸作曲のアニメの名曲を、 アニメソング界の帝王水木一郎、アニメソングの女王堀江美都子、そして司会の石丸幹二が熱唱するとても贅沢な回。 アニメ特撮音楽の巨匠・渡辺宙明&俊幸の音楽会:題名のない音楽会 htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝石の国 質感キラキラ感がCGにピッタリ

市川春子のマンガ「宝石の国」が全編フルCGでアニメ化。 宝石(鉱物)の体を持つ主人公たちの硬さ脆さキラキラ感、CGにピッタリ合っていてとてもきれい。 フルCGアニメーションの限界に挑戦!TVアニメ『宝石の国』スタッフが語る、かつてない意欲作ができ上がるまで(1):JDN https://www.japandesign.ne…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレードランナー2049 折り紙は羊

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督映画「ブレードランナー2049」 1982年公開リドリー・スコット監督映画「ブレードランナー」の続編。 もともと原作がフィリップ・K・ディックのSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」だし、 1982年リドリー・スコット版「ブレードランナー」はその後のいろいろなSF作品に多大な影響を与えているし、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6本脚ロボットはタチコマみたいでキュート

昆虫型ロボットがSFで描かれるロボットにそっくりでビックリ。 その6本脚で昆虫のように動く小型ロボットは、開発者が自由に“ハック”できる(動画あり):WIRED https://wired.jp/2017/08/25/a-six-legged-insectile-robot/ 記事では不気味の谷ってあるけど、 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユリイカ幾原邦彦総特集&ユリ熊嵐&ウテナ放送20周年

アニメ監督幾原邦彦をユリイカ 2017年9月臨時増刊号が総特集。 『ユリイカ』幾原邦彦を特集 奈須きのこ、大槻香奈らが語る稀代のアニメ監督:KAI-YOU http://kai-you.net/article/44193 執筆陣が豪華で、個人的に小説家の円城塔、山田正紀、辻村深月がいて大喜び。 幾原監督は「劇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インサイド・ヘッド 原題は"Inside Out"

ディズニー/ピクサーコンピュータアニメーション3D映画「インサイド・ヘッド」 11歳の少女ライリーの脳の中に存在する5つの感情たちが、彼女を守り幸せにするために奮闘する物語。 この後「インサイド・ヘッド」のネタばれを含むので注意してください。 脳の中に存在する5つの感情たちときくと、 脳の中に存在する5つのキャラクターの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼女戦記 主人公のキャラデザも曲もとても好み

カルロ・ゼンの小説「幼女戦記」がアニメ化。 題名が幼女だから「艦これ」みたいな感じかなと思ったり、 ロリっぽいのかなと敬遠していたのだけれど。 観たらハードな架空戦記ものですごい。 これって幼女にする必要あったのかなと根幹にかかわることをつい思う、 といいつつ主人公の少女(幼女?)ターニャ・デグレチャフのキャラクターデザイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正解するカド 題名が目を惹いてCGも鮮やか

東映アニメーション制作オリジナルCGアニメーション「正解するカド」 東映アニメーションとしては初めてTVシリーズでセル調のフルCGキャラクター表現に挑む作品。 前日譚の第0話がAmazonプライム・ビデオで独占配信。 アニメ業界の問題をCGアニメは解決する…「正解するカド」プロデューサーが語る未来:BuzzFeed ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

篠山紀信×愛人形

篠山紀信がラブドールを撮り下ろした写真展篠山紀信 写真展 LOVE DOLL × SHINOYAMA KISHINがアツコバルーarts drinks talkで開催された。 この写真展に行った時、同アートスペースで写真展の被写体にもなったラブドールの展覧会オリエント工業40周年記念展「今と昔の愛人形」が開催されると知って、そちらも観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バルバラ矮星子黙示録-アルセノテリュス絶対復活光とオルフェウス絶対冥府闇- まさかのウテナ新譜

J・A・シーザーによる「少女革命ウテナ」の世界をベースにした、全曲書き下ろし、録り下ろしによる最新作がリリースされた。 アルバムタイトル「バルバラ矮星子黙示録-アルセノテリュス絶対復活光とオルフェウス絶対冥府闇-」さすが相変わらず暗黒中世バッドトリップな素敵なタイトル。 『少女革命ウテナ』の音楽を担当したJ・A・シーザーと幾…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

今年は日本のアニメーションが初めて公開されてから100周年

2017年は、日本のアニメーションが初めて公開されてから100周年なのだそう。 NHK BSプレミアム「ニッポンアニメ100」では 日本で制作された約1万タイトルの作品群の中から 視聴者によるWEB投票で「ベスト・アニメ100」「ベスト・アニソン100」を選出。 なんと「少女革命ウテナ」が30位に入ってる{%びっくり2webry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モアナと伝説の海 映像が美しすぎて美しすぎて

ディズニー3Dコンピュータアニメーション スペクタクル・アドベンチャー映画「モアナと伝説の海」 映像が美しすぎる。 アニメってもうここまですごいんだと愕然とする。 もう実写みたい、いや実写じゃなくて空想の中で到達した想像を超えた清々しい美しさ。 この後「モアナと伝説の海」のネタばれを含むので注意してください。 「進撃の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進撃の巨人 百年シリーズ ランド

アニメ「進撃の巨人」Season 2が始まった。 やったー Season 2ではお話どこまで進むかな。 ところで、諫山創のマンガ「進撃の巨人」と 森博嗣の小説シリーズ百年シリーズ、Wシリーズと 山下和美のマンガ「ランド」は、 どれも未来のディストピア、同じテーマな感じがする。 「進撃…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ドラゴンボールOP

松井祐貴さんの新しいソロギターアレンジはドラゴンボールのOP「魔訶不思議アドベンチャー!」 魔訶不思議アドベンチャー!『ドラゴンボール』 (acoustic guitar solo ) /Yuki Matsui ちょうど1か月前の南澤大介さんとのジョイントライブでこの曲をお披露目されて、めちゃカッコよかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドクター・ストレンジ 時間と空間にくらくら酔いそう

ベネディクト・カンバーバッチ主演映画「ドクター・ストレンジ」 アメリカの漫画出版社マーベル・コミック刊行のアメリカン・コミックヒーロー「ドクター・ストレンジ」の実写映画化作品。 想像以上に面白くて、ちょっとというかかなり驚き。 3Dで鑑賞。 激しい映像アトラクションか万華鏡の中に放り込まれて くるくる回されているみたいでけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デボラ、眠っているのか?&犀川創平AI ゼミ

森博嗣Wシリーズ4作目「デボラ、眠っているのか?」 キャンペーンでS&Mシリーズ 犀川創平のAI botとTwittrer上で会話ができる(期間限定)。 『すべてがFになる』犀川創平AI@研究室:講談社タイガ創刊1周年記念企画 http://book-sp.kodansha.co.jp/saikawa/ 期間限定公開(2…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

楽譜を月の光に照らしてルナティック

先日の満月はとっても美しかった。 満月の輝く光に魅入られてしまったら、 ベートーヴェン「月光」(ピアノソナタ第14番)と ドビュッシー「月の光」(ピアノ独奏曲「ベルガマスク組曲」第3曲)が聴きたくなる。 前記事:月の光はピアノの音なのだろうか ベートーヴェン「月光」の嬰ハ短調とドビュッシー「月の光」の変ニ長調は同主調の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more