テーマ:音楽

象られた力 kaleidscape 宇宙も音楽も万華鏡

飛 浩隆「象られた力 kaleidscape」 SFマガジンに掲載(1985年~1992年)された初期中篇の完全改稿版全4篇「デュオ」「呪界のほとり」「夜と泥の」「象られた力」(第26回日本SF大賞受賞)を収めた傑作集。 「夜と泥の」のセリフ 『人間は五感を通してしか宇宙とかかわっていけない。五感の外にあるものを、人はついに理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アコースティックとエレキを一本で

フェンダーがアコースティックギターとエレキギターの両方の特性を兼ね備えた次世代ギター American Acoustasonic Telecaster を発売。 【Fender/American Acoustasonic Telecaster】テレキャスター・シェイプの次世代ギター:デジマートマガジン https://w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春TV放談 「アンナチュラル」に号泣し「おっさんずラブ」に胸キュン

NHK 民放(日本テレビ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京・フジテレビ)問わず、テレビについて語り合うトークバラエティ「新春TV放談」 局の垣根を越えて語り合えるのはさすがNHKの番組。 1/2放送「新春TV放談2019」ではテレビ朝日の貴島彩理プロデューサー、テレビ東京の佐久間宣行プロデューサー、動画配信サービス「SHOWROOM」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LOVE×ROBOT=LOVOT 何のコンテンツもない役に立たない最先端ロボット

TBS「情熱大陸」2018/12/23『ロボット開発者 林要』 林要創業のロボットテクノロジー企業『GROOVE X』が生み出した、 「命はないのに、あったかい」をコンセプトに 実用的な「ロボット」ではなくただ「愛され」ることだけを目的とした人工知能(AI)搭載の役に立たない最先端ロボットLOVOTの開発過程を一年にわたって密着取…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「西郷どん」青木崇高ひさみちゅ萌え&瑛太鬼気迫る凄み

NHK大河ドラマ「西郷どん」 最終回はてっきり第1回の上野の西郷隆盛像除幕式のシーンにつながると思ったのに。 ドラマだからフィクション当たり前なんだけど 主人公の敵役だから仕方ないんだけど 島津久光と大久保利通ちょおっと悪役に描きすぎかもと思ってしまう。 でも、演じている役者さんがすごくてかえってそれがググっと胸に迫る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘウレーカ!ららら♪エグゾスケルトンびっくり&リストにはやっぱり泣ける

NHK Eテレ「又吉直樹のヘウレーカ!」2018/7/11『ピアノで脳の働きが良くなるってホント!?』 音楽演奏科学の古屋晋一研究員をむかえピアノ演奏と脳の働きを考察。 練習しないでピアノが弾けるようになれるかもという夢のような話がエグゾスケルトンという装置で実現できるかも。 ピアノで脳の働きが良くなるってホント!?:又吉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羊と鋼の森 調律師側からの音の世界

山崎賢人主演橋本光二郎監督映画「羊と鋼の森」 原作は宮下奈都「羊と鋼の森」第13回本屋大賞受賞作。 ピアノ調律師を志す青年の成長していく姿を北海道の美しい自然と共に描く。 ピアノが題材だとピアニストが中心の作品が多い気がするけれど これは調律師が主人公。 ピアニストがアーティストなら調律師は技術屋さん、 同じプロフェッシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ひとりで演奏してみた」シリーズ素敵すぎる

ミュージシャン・レコーディングエンジニア・マルチプレイヤー中島雄士(@YushiNakajima)さんの「一人で演奏してみた」シリーズがすごすぎ。 【ひとりで】Help! - The Beatles【演奏してみた】 すごい~ [The Beatles-ish] All …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボヘミアン・ラプソディ ライブ会場で一緒に熱唱

イギリスのロックバンドクイーンのボーカルフレディ・マーキュリーを描いた伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」 観ていると一緒に歌い出したくなる。 この後「ボヘミアン・ラプソディ」のネタばれを含むので注意してください。 普通に通常版を観に行って、一緒に歌いたくてうずうずしてしまって、 その後応援上映に2回も行ってしまった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チューニングリスト更新

ダニエル コフリンさんのチューニングリストと使用機材を更新。 ダニエル コフリン チューニングリスト アルバム別 https://daylongcat.at.webry.info/201201/article_33.html ダニエル コフリン チューニングリスト チューニング別 https://daylongc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バレエ くるみ割り人形

Bunkamuraオーチャードホールに、熊川哲也Kバレエカンパニー 20th Anniversary「くるみ割り人形」を観に行った。 生のフルオーケストラはすごい! 舞台美術も凝っていて展開がすごくて美しい。 やはり一番の見どころは第2幕。 皆さんすごい~。 特にロシアの踊りは、もう超人! 踊りにみとれているうちにあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くるみ割り人形と秘密の王国 劇中劇でバレエ

ディズニー映画「くるみ割り人形と秘密の王国」 E.T.A.ホフマンの童話「くるみ割り人形とねずみの王様」の実写映画化作品。 私はチャイコフスキー作曲「くるみ割り人形」の中でも「第3曲 金平糖の精の踊り」が特に好きで、 映画予告編の「金平糖の精の踊り」の不気味なアレンジを聴いて観に行くことを即決定! …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ムンク展―共鳴する魂の叫び 1893年バージョンも観たい

東京都美術館で開催中の「ムンク展―共鳴する魂の叫び」 現存するいくつかのバージョンのうち、今回はオスロ市立ムンク美術館が所蔵するテンペラ・油彩画の《叫び》(1910年)が初来日。 東京都美術館のある上野はムンク一色。 ピカチュウとのコラボのほかにカラムーチョとのコラボもあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スパイナル・タップ なぜか今頃やっと日本公開、バンドあるある満載

ロック・モキュメンタリー・コメディ映画「スパイナル・タップ」 1984年アメリカ公開映画で、30年以上の時を経て、今年まさかの日本初公開。 これはイギリスの大御所ヘヴィメタルバンドスパイナル・タップの伝説の全米ツアーに完全密着!というドキュメンタリー映画の設定の、モキュメンタリー(フェイクドキュメンタリー)映画。 スパイナル・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Busking in London完全版

日本人初のロンドン地下鉄公認バスカー土門秀明さんの著書「地下鉄のギタリスト―Busking in London」の完全版が今夏 出版された。 From The Underground by Hideaki Domon 付属CDはロンドン地下鉄での生演奏を録音したもので実際の地下鉄の雑踏など臨場感あふれている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱメタル気持ちいい!で、マキシマム ザ ホルモン

ラジオを聴いていたらマキシマム ザ ホルモンのドラム(&ボーカル)の方が喋っていて、マキシマム ザ ホルモンの曲聴くの久しぶり ていうか、マキシマム ザ ホルモンのドラム女性じゃん マキシマム ザ ホルモンに女性がいるなんて知らなかった!なんてこった!不覚! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストラトキャスター テレキャスター

山下達郎のサンデー・ソングブック 5/27と6/03は2週にわたり『フェンダー・ギターで、棚からひとつかみ』 フェンダー・ギターの特集で 途中にギターの歴史(クラシック、エレキ全体を含む)の話があって超充実。 Part 1は山下達郎「Sparkle」でスタート。 カッティングとろけてしまう。 山下達郎の愛器はテレキャ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「音」を「身体」で感じる音楽

メディアアーティスト落合陽一&日本フィルハーモニー交響楽団で開催された 「『耳で聴かない音楽会』テクノロジーで挑む、音楽のバリアフリー」 落合陽一がテクノロジーで挑む音楽のバリアフリーとは?:bouncy https://bouncy.news/11561 落合陽一の魔法で耳の聞こえない人とオーケストラが出会う?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HURRY GO ROUND 今年はhideが永眠して20年

ミュージシャン、ギタリスト、歌手、プロデューサーhide(X JAPANのギタリストとしてはHIDE名義)を描いたドキュメンタリー映画「HURRY GO ROUND」 「HURRY GO ROUND」はhideの最後の楽曲とされていて、 映画ではこの「HURRY GO ROUND」の歌詞や亡くなる前に訪れていたロサンゼルスを巡っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10弦ギター

クラシックギターの10弦ギターを間近で観た&その音色を間近で鑑賞。 実際に目の前にするとネックの大きさの迫力と音色の甘さにうっとり。 10弦ギターといえばナルシソ・イエペスで「禁じられた遊び」で (前記事:10弦ギターで奏でる アランフェス協奏曲)、 「禁じられた遊び」ナイロン弦で弾いてみようと試みてセーハだらけで早々に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノの森 ピアノの演奏にウルウル

一色まこと「ピアノの森」がNHKでアニメ化。 ピアノ演奏時の指の動きがモーションキャプチャでショパンコンクール会場が3DCGでリアルすぎて最近のアニメの技術のすごさに圧倒される。 そしてそれ以上に、登場人物のピアノ演奏担当のピアニストがすごい。 TVアニメ「ピアノの森」ピアニスト紹介VTR もう超豪華。 主…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

チューナーインパクト

このチューナー可愛すぎる! aNN-U900 デジタルチューナー RTウサギ ウクレレ用aNueNue Amazonアソシエイト by 目の前にあったら思わず買ってしまいそう オートパワーオン/オフなので、その仕様が気にいるかどうかが分かれ道。 KORG クリップ式チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アコギにもエルボーコンター

ギター演奏時 右手が乗る部分がなだらかにカーブ加工されているのがエルボーコンター。 エレキはこうなってるの多いけどアコギは珍しい。 これ標準になれば弾きやすくていいのに、と思っていたら、 松井祐貴さんの新しいシグネイチャーモデル、SCGA-2HC Matsui Yuki はこだわりのエルボーコンター装備。 SWITCH …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今夜はブルージーな気分

カナダのブルースロックギタリストジェフ・ヒーリー。 The Jeff Healey Band - While My Guitar Gently Weeps 渋い。カッコいい。 エレキを膝の上においてまるでスティール・ギターのような独特の演奏。 アコギではラップタッピングがあるけどエレキでは珍しい感じ。 (前記事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レディ・プレイヤー1 VRはレトロフューチャー

スティーヴン・スピルバーグ監督映画「レディ・プレイヤー1」 原作はアーネスト・クラインのSF小説「ゲームウォーズ」 VRワールド「オアシス」の三つの謎を解き 隠されたイースターエッグを探し出し オアシスの所有権と5000億ドルの遺産争奪戦を描くSFアドベンチャー。 この後「レディ・プレイヤー1」のネタばれを含むので注意してくだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆれる人魚 英題はThe Lure

ポーランドのアグニェシュカ・スモチンスカ監督映画「ゆれる人魚」 共産主義下の1980年代ポーランドを舞台に、人魚姉妹の、少女から大人への成長を描いたホラーファンタジーミュージカル。 邦題の「ゆれる人魚」ってめっちゃセンスいい。 アンデルセン「人魚姫」を基に、ギリシャ神話のセイレーンも加味して、よりリアルにダークにした感じ。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シェイプ・オブ・ウォーター 色彩鮮やかなホラーファンタジー

ギレルモ・デル・トロ監督映画「シェイプ・オブ・ウォーター」 第74回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門で金獅子賞を受賞。 第90回アカデミー賞で作品賞、監督賞、作曲賞、美術賞を受賞。 第75回ゴールデングローブ賞で監督賞、作曲賞を受賞。 1962年の米ソ冷戦真っ只中のアメリカの機密機関、そこで研究されている半魚人と人間の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

グレイテスト・ショーマン 主題歌「This Is Me」が迫力

ヒュー・ジャックマン主演映画「グレイテスト・ショーマン」 19世紀に活躍した興行師フィニアス・テイラー・バーナムを描く伝記・ミュージカル映画。 題名「The Greatest Showman」はバーナムが上演した「The Greatest Show on Earth」からとったもの。 第75回ゴールデングローブ賞 映画の部 主題歌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンナチュラル 主題歌「Lemon」が絶妙のタイミングで流れて切なすぎる

TBS金曜テレビドラマ「アンナチュラル」 石原さとみ主演 野木亜紀子脚本の、 架空の研究機関UDIラボ(不自然死究明研究所)を舞台に死因究明のスペシャリストたちが不自然死の謎を解く法医学ミステリー。 脚本の野木亜紀子は「重版出来!」など多くの脚本を手掛けている人で、 むちゃくちゃ面白かった。 もうすごすぎて、ここ最近で最高…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アンビエントでオリジナリティあふれて

T-cophonyさんは一般的なソロギターの枠には収まらない、もっと広い自由なミュージシャン。 T-cophonyさんの演奏は流れるようで本当にピアノのよう。 以前ギタークリニックに参加した時 (前記事:ピアノのように流麗にドラムのように軽快に) 音楽について語られた話が本当に素敵で、 自分のために奏でた曲が他の人を癒すこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more