テーマ:絵画・アート

美の壺 ギターは芸術品

NHK Eテレ「美の壺・選」2018/7/22『木を慈しみ、音を愛でる ギター』 ギタリストの村治佳織と渡辺香津美をむかえ、 クラシック・ギターからエレキ・ギターまで、その芸術作品のような造形美に迫る。 美の壺・選「木を慈しみ、音を愛(め)でる ギター」:美の壺 http://www4.nhk.or.jp/tsubo/x…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チームラボプラネッツ 光の集合体でユラユラ

東京 豊洲の チームラボ作品を体験できる超巨大没入空間「teamLab Planets TOKYO DMM.com」 超巨大没入空間「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」、東京・豊洲に2020年まで期間限定オープン:SPICE https://spice.eplus.jp/articles/195543 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

天文学と印刷 展示物も図版も美しすぎる

印刷博物館で開催中の「天文学と印刷 新たな世界像を求めて」 天動説から地動説への転換期とそのころ登場した活版および図版印刷、学問の発展に寄与した学者と印刷者の活躍を天文学を中心に紹介した展覧会。 図版が印刷され多くの人の目に触れたから(言葉だけより図があったほうが科学は断然理解がしやすい)、地動説が、そして科学が普及発展したのだとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生誕110年 東山魁夷展 唐招提寺御影堂障壁画は圧巻

国立新美術館で開催された「生誕110年 東山魁夷展」 東山魁夷生誕110年を記念し、東京では10年ぶり、京都では30年ぶりに開催される大回顧展。 何度観ても、観れば観るほど、美しい。 美しいという言葉が空になるくらい、言葉が意味を失い溶け去ってしまうくらい。 日本画家なのに、ヨーロッパの風景が油彩に感じてしまうほど、ジャンル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムンク展―共鳴する魂の叫び 1893年バージョンも観たい

東京都美術館で開催中の「ムンク展―共鳴する魂の叫び」 現存するいくつかのバージョンのうち、今回はオスロ市立ムンク美術館が所蔵するテンペラ・油彩画の《叫び》(1910年)が初来日。 東京都美術館のある上野はムンク一色。 ピカチュウとのコラボのほかにカラムーチョとのコラボもあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「音」を「身体」で感じる音楽

メディアアーティスト落合陽一&日本フィルハーモニー交響楽団で開催された 「『耳で聴かない音楽会』テクノロジーで挑む、音楽のバリアフリー」 落合陽一がテクノロジーで挑む音楽のバリアフリーとは?:bouncy https://bouncy.news/11561 落合陽一の魔法で耳の聞こえない人とオーケストラが出会う?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロボットと仏像の邂逅

NHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」2/10アンコール『林要×松本明慶』 時代の先端を走るAIロボット開発者の林要(GROOVE X代表)。 日本を代表する仏師の松本明慶。 ロボットは仏像の夢を見るか:SWITCHインタビュー 達人達(たち)ブログ http://www.nhk.or.jp/swi…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

桜&桃&椿

春は桜。 ピンクも好き。 バラみたい。 桜とハナモモ(源平花桃)の共演。 源平花桃は1本の木に赤花、白花、赤と白が混ざった花が一緒に咲いてて不思議。 桜と椿の共演。 椿も赤と白が混ざった花がある。 その種類が多くてびっくり。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隈研吾デザインのスタバ

スターバックスコーヒー太宰府天満宮表参道店 「自然素材による伝統と現代の融合」というコンセプトをもとに 伝統的な木組み構造を用いたデザイン。 おお~! 木組みすごい! 迫力~! 入口から奥を見たところ。 吸い込まれそう。 一番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質 建築とは物質と人間との会話

東京ステーションギャラリーで開催中の「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」 建築家隈研吾が仕事を通じて対話を重ねてきた素材に着目し、建築設計やプロダクトデザインなどの蓄積を主要なマテリアル(竹、木、紙、石、土など)ごとに分類・整理することで、“もの” という観点から概観を試み、“もの” の開放によって、人の感覚や意識、そして…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

生物はウイルスが進化させた ミミウイルスはルドンに見える

武村政春「生物はウイルスが進化させた 巨大ウイルスが語る新たな生命像」 衝撃的で刺激的で面白い。 31~32ページで、ミミウイルスが水木しげる「ゲゲゲの鬼太郎」の妖怪『毛目玉』の姿に似ていると紹介されている。 生物はウイルスが進化させた 巨大ウイルスが語る新たな生命像 (ブルーバックス)講談社 武村 政春 Amazonアソ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ルドン―秘密の花園展 イメージが変わる展覧会

三菱一号館美術館で開催中の「ルドン―秘密の花園」展 幻想の世界を描き ときに象徴主義に分類されることもある孤高の画家オディロン・ルドンの、花や植物に焦点を当てた世界で初の展覧会。 最大の見どころのひとつはドムシー城館の食堂の装飾画シリーズ、そしてその中の最大級のパステル画《グラン・ブーケ (大きな花束)》 もっと知りたいル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝- 悠久の歴史が目の前に

東京国立博物館で開催された「仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-」 仁和寺の普段は公開されていない数多くの秘仏の公開や、空海ゆかりの「三十帖冊子」公開、仁和寺の観音堂を展示室に再現、さらに御室派寺院からの秘仏の公開など、素晴らしすぎる展覧会。 どれも国宝、重要文化財で貴重で圧倒的で、 その中でも葛井寺の千手観世音菩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸の女装と男装 いろいろな性を楽しめ!!

太田記念美術館で開催中の「江戸の女装と男装」 浮世絵を通して男女の境界を自由に行き来する江戸時代の風俗や文化の諸相に迫る展覧会。 浮世絵は歌舞伎役者を描いたのが多いからなんとなく女装が多いかなと思っていたら、 男装の浮世絵も多いのでびっくり。 日本の浮世絵では男装の女性も女装の男性も凛として粋な感じ。 浮世絵の男性はマッチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スヌーピー・ファンタレーション 最先端科学とスヌーピーのコラボとっても楽しい

松屋銀座で開催中の「スヌーピー」と「サイエンスアート」がコラボレーションする初めての展覧会「スヌーピー×おもしろサイエンスアート展『SNOOPY FANTARATION』」 スヌーピーのロボットやインタラクティブシャドウなど最先端の技術が山盛りで、 サイエンスアートのすごさに圧倒されっぱなし。 3種類の「スヌーピーロボット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルドルフ2世の驚異の世界展 錬金術で博物学でカオス

渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催された「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」 ルドルフ2世は科学と芸術のパトロンで稀代のコレクター。 展覧会ではその蒐集品の貴重な数々を魅惑的に紹介する。 ルドルフ2世は1583年に首都をウィーンからプラハに移し、芸術文化をその宮廷に花開かせる。 アーティストや科学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

谷川俊太郎展 詩を立体的に体感する展覧会

東京オペラシティアートギャラリーで開催されている「谷川俊太郎展」 詩人谷川俊太郎の現在進行形の詩人像を立ち上がらせる展覧会。 谷川俊太郎自身の声をまじえた音と映像のコラージュはとても面白くて、 言葉で描かれた情景を映像にするのではなくて言葉そのものをダイレクトにアートにしてしまう、 詩自体が言葉遊びなのでこれは文字を観て言葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オープン・スペース 2017 未来の再創造 SFはすでにレトロ

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]で開催されていた「オープン・スペース 2017 未来の再創造」。 最新テクノロジーを使ったアートは もうすでにSFに描かれている未来は実現していて、 むしろそれが古臭く感じるくらい想像を超えた未来を走っている。 リサーチ・コンプレックス NTT R&D @IC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK: async 非同期そしてメロディアス

「坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK: async」 坂本龍一の約8年ぶりのオリジナルアルバム『async』のリリースを記念して、2017年4月ニューヨークのパーク・アベニュー・アーモリーで開催された2日間限定200人しか観られなかった幻のライブ。それを収めた作品。 監督は坂本龍一のドキュメンタリー映画「Ryu…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

白い猫は建築家 斑の猫は革命家

森博嗣 著 佐久間真人 絵 「猫の建築家」「失われた猫」 美しくて静謐でシックでレトロな絵本。 「美」の意味を問い続ける哲学的な絵本。 緻密な建造物の中に溶け込むようにするりと佇む優雅な猫がたまらない。 2月22日は猫の日。 猫の日は国によって違って、International Cat Dayは8月8日らしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トンパ文字LOVE

トンパ文字。 漢字と同じ象形文字。とてもかわいい。 この文字を初めて知ったのは 東京都美術館で開催されていた前衛書道の公募展。 もともとの文字がかわいいのにさらに前衛だから輪をかけて斬新。 トンパ文字は主に毛筆で書かれて、 世界の文字の中でも唯一 色によって意味を変えうる文字
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代

Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中の「オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代」 ドイツの画家、俳優オットー・ネーベルの日本初の回顧展。 同時代の画家シャガール、カンディンスキー、クレーの作品も併せて紹介され、ネーベルが様々な画風を実験的に取り入れながら独自の様式を確立していく過程に迫る。 オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャガール 三次元の世界 平面から立体に立ち上がる異空間

東京ステーションギャラリーで開催された「シャガール 三次元の世界」 ロシア出身ユダヤ系のフランスの画家マルク・シャガールの彫刻作品を日本で初めて本格的に紹介する展覧会。 シャガールは画家としてあまりに有名だけれど、彫刻作品もあるなんて知らなかった。 シャガールが立体作品を制作し始めたのは60歳代になってから。 展覧会で目を惹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怖い絵展 文学者の斬新な視点の展覧会

上野の森美術館で開催中の「怖い絵展」 ドイツ文学者中野京子のベストセラー「怖い絵」刊行10周年を記念して開催された、文学者の視点によるこれまでの絵画鑑賞にはない斬新な切り口の展覧会。 開館1時間前に行ったのにもう長蛇の列。すごい人気。 並んでいる間紅葉を楽しむ。 「怖い絵」展開催までの悪戦苦闘:現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス人間国宝展 展覧会そのものがアート

東京国立博物館で開催中の「フランス人間国宝展」 フランス人間国宝(メートル・ダール/Maître d' Art)は日本の人間国宝(正式名称 重要無形文化財の保持者)認定にならい、伝統工芸の保存・伝承・革新を旨としてフランス文化省が1994年に策定。 1089ブログ「フランス人間国宝展」 http://www.tn…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ 葛藤と確執 でも おしゃれ

ベルギー・アイルランド映画「ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」 近代建築の三大巨匠の一人ル・コルビュジエと、家具・インテリア・プロダクトデザイナーで建築家アイリーン・グレイの、南仏コートダジュールに建つヴィラ<E.1027>をめぐる数奇な運命を描いた映画。 ヴィラ<E.1027>はアイリーン・グレイが手掛けたにもかかわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安藤忠雄展―挑戦― アグレッシブでエネルギッシュで

国立新美術館で開催中の「安藤忠雄展―挑戦―」 国内はもちろん世界各国で既成概念を打ち破る斬新な建築作品を次々と意欲的に実現させている建築家安藤忠雄の活動の軌跡そして作品群には、 建築は工学であると同時に芸術なのだと ただただ圧倒される。 「光の教会」野外展示場に原寸で再現。 打放しコンクリートで十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深化 海底や宇宙空間のアート

書道家武田双雲の展覧会『深化 -Shinka-』がSEZON ART GALLERYで開催された。 書道家・武田双雲『深化 -Shinka-』展が表参道で開催、美術的な作品も:CINRA.NET https://www.cinra.net/news/20170520-takedasouun 前衛書道のような作品もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草間彌生わが永遠の魂 & 今まさに!な現代アート

国立新美術館で前衛芸術家草間彌生の展覧会「草間彌生 わが永遠の魂」が開催された。 初期から現在に至る創作活動の全貌を総合的に紹介する国内で過去最大級の個展で、 2009年から意欲的に取り組んでいる大型の絵画シリーズ「わが永遠の魂」から厳選した約130点を一挙日本初公開。 もうすごい。 大量の「わが永遠の魂」が1フロアにいっき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more