miaou de chat

アクセスカウンタ

zoom RSS 大英自然史博物館展 化石とDNAとミイラと

<<   作成日時 : 2017/07/08 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

国立科学博物館で大英自然史博物館展が開催された。
常設展示されていない標本などなかなか見ることができないレアな所蔵品がたっぷり。


【歴史に残る標本群】大英自然史博物館展に絶対行くべき!世界の至宝が集結:Business Journal
http://biz-journal.jp/2017/03/post_18483.html



画像



画像

「ロンドン標本」と通称される始祖鳥化石。
「ロンドン標本」は始祖鳥のネオタイプ標本に指定されている。


画像

メアリー・アニングが発見した魚竜化石。
彼女は古生物学者で化石ハンター
(前記事:Googleトップほのぼの可愛い 古生物学者メアリー・アニングの誕生日)。

他にも藻類学者キャスリーン・ドゥルー
植物学者マリー・ストープス
など、昔の時代に大英自然史博物館に係わった女性科学者がいて感動。
そのうえこの2人は日本にも縁が深い。


画像

チャールズ・ダーウィン「種の起源」直筆原稿。


画像

ネアンデルタール人のDNA。
化石から抽出できるなんてすごい。
SFみたいに復元できるようになったりして。
現生人類にもネアンデルタール人のDNAはいっている。


ネアンデルタール人とも交雑!人類進化史の最新研究が面白いことになってた:NAVERまとめ
https://matome.naver.jp/odai/2143601767978889501



画像

入場整理券の写真はエジプトのネコのミイラ。
このミイラはエジプトの女神バステトへの生け贄だったらしい。


ネコ家畜化、新石器時代に拡大か DNA研究:AERAdot.
https://dot.asahi.com/afp/2017062000055.html


ネコは自ら家畜化した、遺伝子ほぼ不変、最新研究:ナショナルジオグラフィック
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/062100235/?n_cid=nbpnng_fbed



ネコは神様。
ネコは家畜になることで人間に世話をさせ人間を奴隷(虜)にして世界中に広がったのね。
ユヴァル・ノア・ハラリ 「サピエンス全史」には
小麦は栽培されることで人間に世話をさせ人間を奴隷(農耕民)にして世界中に広がったとあって
構図が似ている。
そういえばネコが家畜になったのは人間が農耕を始めてから。
ネコと小麦は共犯?
ネコに小判ネコに小麦。


世界のリーダーが注目 人類250万年の旅:NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2016_1222.html




大英自然史博物館の《至宝》250
創元社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大英自然史博物館の《至宝》250 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大英自然史博物館展 化石とDNAとミイラと miaou de chat/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる